悩み

今の痛みがいつまで続くのかと不安だった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【痛みや苦しみをやわらげる『緩和ケア』】

痛みを含め、患者さんが感じているつらさを総合的にやわらげるサポートがあります。
このような総合的なサポートのことを、緩和ケア(緩和医療も緩和ケアとほぼ同じ意味です)と呼びます。
緩和ケアを受けると、薬をはじめとするいろいろな方法で、痛みや不快感を取ったり、軽くしたりすることができます。
がんが原因となる痛みをやわらげる治療の基本となるのが、『WHO方式がん疼痛治療法』です。WHO方式がん疼痛治療法は、一定時間ごとに痛みの強さに応じた薬を飲むことを基本とする治療法ですが、適切に実施すれば、8割から9割の患者さんで、がんの痛みを取ることができると言われています。
さらに、WHO方式がん疼痛治療法でやわらげることができない痛みや苦しみに対しても、さまざまな治療方法が工夫され、着実に成果を上げつつあります。
『緩和ケア』は、がんと診断されたときから、いつでも受けることができます。たとえ病気が進んでも、体の痛みをやわらげることは可能です。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:緩和ケア病棟のある病院を探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpPalliativeSearchTop.xsp
緩和ケア病棟のある病院について、病院名から探す、地図から探すなどの検索方法で探すことができます。
また、医療機関名をクリックすると、その病院の診療案内の概要や連絡先などが掲載された基本情報があり、『緩和ケア』の項目では、緩和ケア外来、緩和ケア病棟、緩和ケアチームの設置状況、さらにそれぞれ詳細情報も掲載されています。緩和ケア病棟の詳細情報では、病棟の形式、病床数、病棟設備、入棟の受け入れ状況などの情報が掲載されています。
(2)特定NPO法人 日本ホスピス緩和ケア協会
http://www.hpcj.org/
日本ホスピス緩和ケア協会のホームページです。ホスピス緩和ケアの解説やホスピス緩和ケアを受けられる医療機関一覧などがあります。サイドメニューに、『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』があります。
『受けられる場所を探す』では、『ホスピス緩和ケア病棟』、『緩和ケアチーム』、『在宅ホスピス緩和ケア』の3項目で、それぞれ受けられる施設(医療機関)を探すことができます。
その他に、『ホスピス緩和ケアQ&A』(ホスピス緩和ケアに関することをQ&Aで情報提供しています)、『ホスピスってなあに?』(冊子PDF版)などホスピス緩和ケアに関する情報があります。

 
【自分で痛みを評価して人に伝える】

痛みのつらさは、本人でなくてはわかりにくいものです。痛みの治療の第一歩は、あなた自身が痛みを評価して、医療者に伝えることです。
ただ、痛みは主観的な感覚なので、ほかの人にわかりやすく表現するのがなかなか難しいことも事実です。
そんな時には、次のように整理しながら話すと、相手に伝わりやすくなります。箇条書きのメモを作っておいて、診察に持参したり、担当医に手渡したりするのもよいでしょう。

○ 『どういうときに痛みが強くなるのか』
○ 『どのあたりが痛むのか』、『言葉で表現するとどういう痛みなのか』(きりきり、ずきんずきん、ずしーんなど)、『痛み止めを使っているとしたらその効果はどうなのか』
○ 『どのくらいの強さで痛むのか』(「全く痛くない」を「0」とし、「耐えられない程痛い」を「10」とした場合、数字でいくつと表現できるか)
○ 『日常生活で困っていることは何か』


 
【がんの治療に伴って起きる痛み】

あなたは、がんの治療の結果として起きた痛みでお悩みなのかもしれません。
手術や放射線照射など、がんを治療する目的で行った処置の結果として、痛みが生じることがあります。どの程度の痛みがあるか、その痛みがどのくらいの期間続くかは、人によって違います。
多くの場合、がんの治療によって生じた痛みは、時間がたつにつれてやわらいできます。ただ、痛みをほとんど感じなくなっていても、湿度が高いときなどは、神経痛のように痛みを感じることもあります。
患者さんも医療者も、治療によって生じる痛みについては、“がんを治すためなのだから、仕方がない”と考えてしまいがちです。また、胃への負担などの副作用を考えて、痛み止めの薬の処方をできるだけ控えている医師もいるようです。
しかし、痛みが強かったり、長く続いたりすると、体を動かしたり、人と話したりすることもつらくなり、日常生活のさまざまな場面で支障がでてきます。もし痛みが続くようであれば、担当医や看護師に症状を伝え、しかるべき対策を取ってもらうことが大切です。
“この程度の痛みはがまんしないと”という思いから、痛みを伝えることに躊躇する患者さんもいらっしゃるようですが、痛みをがまんすることは、ストレスや疲労の原因にもなります。また、“痛み止めを使うと病気の治りが遅くなる”というのも、根拠がない通説です。
あなたの痛みが本当にわかるのは、あなただけです。痛みを感じる時には、担当医や看護師に遠慮せずに伝えましょう。


 
【長く続く痛みへの対処】

がんの治療が一段落ついた後、定期的な検査で体に特に異常がないにもかかわらず、痛みが長く続くようであれば、担当医に相談して専門の医師を紹介してもらうことを考えてもよいでしょう。
最近では、『ペインクリニック』、『疼痛外来』、『ペイン外来』などの名称で、痛み治療の専門窓口を設けている病院も増えています。また、痛みの種類や原因によっては、麻酔科や形成外科に相談することが、痛みの解消に役立つこともあります。それぞれの窓口で対応できる痛みとそうでない痛みがあるので、受診する前に自分の痛みの状況を伝えて、対応してもらえるかどうか確認するようにしましょう。
長く続く痛みに対処するためには、毎日の生活の中で、痛みを和らげるための自分なりの工夫をしてみることが有効的なこともあります。そのためには、どんな時に痛みが楽になるのか、『痛みの日記』をつけてみるのもよいでしょう。
痛みがやわらぐ状況は、時間帯、そのときしている活動、取っている姿勢など、人によっていろいろなきっかけがあります。『痛みの日記』をつけることで、“痛いところを温めたら楽になった”、“○○さんとしゃべっている時は痛みを忘れていた”、“よく眠った次の日には痛みが減った”など、自分自身の痛みがやわらぐきっかけに気づくことができます。
その中から、自分にとって一番よかった対処法を、日常生活に取り入れてみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A