悩み

まだ若いので、やりたい仕事をしたいと思い、仕事に就いたら、再発・転移が続き入院治療となり、仕事を断念せざるを得なくなった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【これからのことを、相談してみる】

せっかくやりたい仕事に就くことができたのに、がんが再発、転移し、仕事を断念せざるを得なくなった、という体験は、本当につらい、自分自身の一部を奪われるような思いだったのではないかとお察しします。
あなた自身が退職を希望したのであれ、会社の勧めで辞めざるを得ない状況になったのであれ、きっと悩みぬいた上でのご決断だったはずです。
その時あなたは、自分の意思、経済的状況、体やこころの調子、病気に関してその時点で持っていた情報など、たくさんの条件がある中で、あなたができる、最善の選択をしたのです。
仕事を中断した、という決断そのものについて、ふりかえって後悔される必要はないのではないでしょうか。
大切なのは、今、これからのことです。
まず、断念した仕事の代わりに、収入を得る手段は確保されているのでしょうか。もしまだ見つかっていないのであれば、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみることをお勧めします。
そこにいる相談員はさまざまな制度について知識を持っていますので、あなたの状況に合わせて、どういった手段があるか、提案してくれると思います。
次に、仕事は『自分らしさ』を作りあげていくための手段の一つでもあります。
仕事を中断したあなたは、新しい状況で、あなたが打ち込むことができるもの、新しい『生きがい』のようなものを、必要としているかもしれません。
それが何になるかは、人それぞれです。それは、あなた自身が自分で探していくことになると思います。ただ、探す作業を手伝うことは、周りの人にもできます。
もし、気持の整理がつかなかったり、新しい状況にとまどったりするようであれば、先ほどお伝えした相談員に一度ご相談されてみることをお勧めします。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、地域がん診療病院にある、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:がんの相談
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。
(3)公益財団法人 日本対がん協会:がん相談
http://www.jcancer.jp/
日本対がん協会のホームページです。『がん相談・サポート』のページでは、がん相談ホットライン、医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による相談の4種類の相談の電話番号がと、よくある質問などが掲載されています。『がん相談ホットライン』は、看護師やソーシャルワーカーが電話でお気持ちを聴いたり、困りごとの相談に対応しています。医師による相談は、電話相談、面接相談とも事前予約が必要になります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A