「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

働きだすとストレスがたまり、また再発するのではなどと、とても心配だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ストレスとがんの発生】

最近の研究では、ストレスががんを発生させるという確かな結果は得られていません。
過去には、ストレスががんを発生させるという研究の報告がありましたが、その後、発表された研究では、認められないとする研究結果でした。
調査研究では、調査したいと考えているものや対象者によって、先に出された研究結果と異なる結果がでることもしばしばあります。
多様な研究結果と解釈が存在する理由のひとつに、ストレスという言葉の内容があいまいで、測るのが難しいことが挙げられると思います。


 
【仕事と病気に関する相談窓口】

仕事は、お金の面ではもちろん、自分らしく生きていくための支えにもなります。仕事に対するあなたの気持ち、職場の状況、からだの状況、家庭の状況などを含めて、今のあなたにとって一番よい方法はなにか、相談できる窓口を見つけることができれば、心強いと思います。
例えば、おかかりの病院の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにソーシャルワーカーがいれば、就労に関する制度の知識をいかしながら、相談にのってもらえると思います。また、あなたの会社に産業医がいれば、仕事の状況や過去の事例を踏まえた助言を得られるかもしれません。労働基準監督署等に設置されている『総合労働相談コーナー』でも、病気に関係した就労上の悩みを相談できます。最寄りの『総合労働相談コーナー』の連絡先は、下記のホームページで調べることができます。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんと仕事
https://ganjoho.jp/public/institution/qa/index.html
『がんの冊子 がんと仕事のQ&A(第3版)』のweb版(webページで読める)の他、PDF版のリンクもあります。
診断から復職まで、復職後の働き方、新しい職場への応募、お金と健康保険、家事や子育てなどの章にわけられ、それぞれQ&A方式で情報があります。
(3)厚生労働省:総合労働相談コーナーのご案内
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html
厚生労働省のホームページ内の上記のページから、全国の総合労働相談コーナーの案内や連絡先を調べることができます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A