悩み

放射線で、皮膚がだんだん赤くなり、ただれてひりひりして心配だった。
6 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【放射線治療による皮膚への影響】

放射線をあてた部位は、日焼けしたときのように、赤くなったり、ほてった感じでヒリヒリしたり、かゆくなったりします。ただれたり、水ぶくれができることもあります。個人差がありますが、放射線療法を始めて2週間くらいで、皮膚症状が現れることが多いようです。治療が終了すれば、次第におさまってきます。皮膚をかいたり、こすったりしないようにしましょう。また、皮膚を保護していくためのスキンケアも大切です。


 
【放射線照射部位の皮膚の保護】

○ 入浴は熱いお湯は避け、照射部位に石けんは使わないようにしましょう。
○ 放射線照射部位を圧迫するような衣類は避け、ゆったりした服を選びましょう。また、摩擦が起こらないように気をつけ、刺激の少ない綿類の下着をつけるなどして、繊維による刺激も避けるようにしましょう。
○ 照射している部位は、直射日光にあてないようにしましょう。
○ 軟膏類は自己判断でつけないようにしましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A