悩み

1回の食事量が少ないため、外食では多すぎてしまうため外で食事することが難しい。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【バイキング形式など】

外食の際に料理を残すのは、もったいない、お店の人に申し訳ないという気持ちから、なかなか難しいと言われる方が少なくありません。
外で食事をすると、食材の種類や調理法、味、彩り、香り、お店の雰囲気などから、食事を楽しむ気持ちが高まり、食事は栄養面を満たすだけでないことを実感します。
いつもと違う気分で、楽しく食事ができるという効果もあるので、たまには外で食事をしてみてはいかがでしょう。
バイキング形式のお店や、単品メニューがあるお店を選んだり、一緒に行った人と分け合って食べたりするなどの工夫で、食事量の調整をされている方が多いようです。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A