悩み

リンパの流れが悪く、年に一度くらい熱がでる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【リンパ浮腫と感染】

リンパ浮腫は腕、足などに見られるむくみです。
乳がんでわきの下(腋窩)のリンパ節を切除したり放射線治療を受けた方、子宮がん・膀胱がん・前立腺がんなどで足の付け根(そけい部)のリンパ節を切除したり放射線治療を受けた方に、リンパ液の流れが悪くなることが原因で見られることがあります。

リンパの流れが悪くなると、感染や炎症を起こしやすくなります。むくんでいる手足の怪我や虫さされなどの感染を避けるように、日常生活のなかで気をつけていきましょう。

◎ 庭の手入れなどのときは、手袋をしたり長袖・長ズボンを着用するようにしましょう。また、万が一、虫にさされたときには、ひっかいたりして皮膚に傷をつけないようにかゆみ止めの薬を塗るなどしましょう。夏のキャンプやハイキングなどの際は、虫にさされやすいので、長袖を着用し虫よけスプレーなどで虫さされを予防しましょう。
◎ 洗剤などでかぶれやすい方は、洗剤を使う際はゴム手袋を使用し、ゴム手袋の内側には綿のやわらかい手袋などをつけましょう。
◎ 爪を切るときは深爪に気をつけましょう。
◎ 足の指の間は、むれやすく白癬症(水虫)などの皮膚感染症を起こしやすいので、指の間もきれいに洗い清潔にして乾燥につとめましょう。
◎ 手は、さまざまな物にさわりますので細菌がつきやすい部分です。手洗いを習慣づけて、手の清潔に気をつけましょう。また、乾燥・手荒れを予防するために保湿クリームなどをこまめに塗るようにしましょう。
◎ 食事をつくったりアイロンがけをしたりするときには、特にやけどに十分気をつけましょう。
◎ ペットなどを飼っているときは、かまれたりひっかかれたりしないように気をつけましょう。
◎ 採血や注射は、リンパ浮腫の起こっている腕はできるだけ避け、反対側の腕で行いましょう。
◎ リンパ浮腫の起こっている腕や足は、擦り傷やひっかっき傷など小さい傷でも、そこから細菌が入り感染を起こしやすい状態です。小さな傷でもそのままにせず、きれいに洗ってきちんと消毒を行い、感染を起こさないように注意しましょう。
◎ 日焼けの炎症でむくみが悪くなることがありますので、日焼け止め対策を心がけましょう。

リンパ浮腫の方は、傷口や毛穴などから感染して、むくんでいる腕や足が炎症を起こして『蜂か織炎』になることがあります。
寒気や震えを伴った38度以上の熱が出たり、むくんでいる腕や足が赤くなり熱をもっていたりした場合は、赤くなって熱をもっている部分を冷やして、できるだけ早くかかっている病院を受診しましょう。


 
参考になるホームページ
(1)SURVIVORSHIP.JP:がん手術後のリンパ浮腫
http://survivorship.jp/
『SURVIVORSHIP.JP』は、静岡がんセンターと大鵬薬品工業(株)との共同研究の成果による情報支援ツールの一つで、治療によって生じるつらさをやわらげるくふうなどの情報提供を行うサイトです。
コンテンツの一つに、『がん手術後のリンパ浮腫』があります。上肢リンパ浮腫(ふしゅ)・下肢リンパ浮腫(ふしゅ)それぞれについて、概要や対処法について、映像と音声で見ることができます。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:リンパ浮腫
http://ganjoho.jp/public/support/condition/lymphedema.html
がん情報サービスの『生活・療養』のページには、『さまざまな症状への対応』があり、このなかに、『リンパ浮腫』に関する情報が掲載されたページがあります。リンパ浮腫とはどういうものか、リンパ浮腫の予防や治療などの情報があります。
(3)日本リンパ浮腫学会:リンパ浮腫の治療やケア
http://www.js-lymphedema.org/
日本リンパ浮腫学会のホームページです。トップページ上にあるメニュー『医学情報』には、『リンパ浮腫の治療』、『リンパ浮腫の考え方と治療の基本』などの情報があります。『リンパ浮腫の治療』では、リンパ浮腫のでき方、挙上、運動、リンパドレナージ、弾性着衣、蜂窩織炎などに関するさまざまな情報が掲載されています。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A