悩み

痛みが強くなってきて、痛み止めを使い、落ち着いてきたが、今度は吐き気に悩んでいる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【薬の副作用:吐き気・おう吐】

痛み止めの薬には、いろいろな種類があります。それぞれの患者さんの痛みに応じて、適した薬を使います。
中くらいの痛みから、強い痛みには、『医療用麻薬(オピオイド)』が使われることがあります。医療用麻薬の副作用として、便秘や眠気、吐き気などがあげられます。
医療用麻薬は痛みをやわらげる効果(作用)がありますが、同時に、治療の目的以外の不都合な作用(副作用)もあるのです。

一般に、医療用麻薬を使い始めた最初の頃や、薬の量を増やしたときに、吐き気が起こることがありますが、2~3週間で自然におさまってきます。
吐き気がある場合は、吐き気止めを一緒に使うと、吐き気を抑えることができます。また、薬の種類を変更して、吐き気が生じないようにする場合もあります。
担当医に症状を伝え、相談してみてください。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A