悩み

放射線治療で肛門が荒れ、排便がつらく今後どうなっていくのか心配。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【清潔に保つ】

排便後、清潔を保つことが一番大切です。
トイレットペーパーを使うことは避けて、温水洗浄便座を使って洗い、温風で乾燥させるとよいでしょう。温水洗浄便座がなければ、500ml程度の空のペットボトルに微温湯を準備しておき、おしりを少し前にずらし、後ろから微温湯を流して洗ってもよいでしょう。あるいは、ノンアルコールのお尻拭き(ウエットティッシュ)で、やさしく押さえて汚れを拭くようにして下さい。
放射線治療の影響で、肛門が荒れている症状は、治療後、時間がたてば改善してきます。
肛門が荒れていると、排便時に痛みがあり、排便することがつらいと思います。下痢を起こしていると清潔が保ちにくく、一方、便秘では肛門を傷つけやすく、悪循環に陥りがちです。
荒れている皮膚を保護する軟膏などの薬について、担当医に相談してみて下さい。
便の硬さや回数のコントロールも大切で、場合によっては、食事内容の見直しが必要かもしれません。下痢のとき、水分を控えがちですが、脱水予防のために、やや多めに摂ったほうがよいでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A