悩み

食道発声、人工喉頭等の使用でコミュニケーションは可能だが、十分に意思を伝えることができず、ストレスが高じやすい。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ていねいに語り、しっかり聴く】

発声と聞き取りに時間がかかるので、喉頭を摘出した患者さんから「言いたいことが伝わらない」、「最後まで話を聞いてもらえない」などの悩みが寄せられます。コミュニケーションの受け手になる人は、このような思いを十分に尊重し、コミュニケーションをとる必要があると思います。
重要なのは、ていねいに語り、しっかり聴くことです。話題が何なのか、キーワードを先に伝えると、相手にとっては話の内容がみえやすく、言いたいことが伝わりやすくなります。落ち着いた場所で話すなどの環境づくりがよいこともあります。また、コミュニケーションは、言葉だけでなく、表情や身振りなどからも伝わります。お互いに慣れてくると、さまざまな感覚を総動員させて、わかり合えるようになると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A