悩み

抗がん剤の副作用による身体への負担が大きく、今健康な部分も含めて他の臓器への影響など心配だった。
6 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【抗がん剤治療は、からだ全体の状況をチェックし観察しながら行われます】

抗がん剤治療を行う際、担当医はまず開始前にその患者さんの全身の状態を調べ、心臓、肺、腎臓、肝臓などの重要な臓器に問題がないかなどもチェックします。
抗がん剤はその種類によって副作用が異なりますが、肝臓、腎臓などの臓器に影響を及ぼす可能性がある抗がん剤もあります。また人間にとって大切な血液をつくる造血幹細胞も抗がん剤治療によってはたらきが一時的に低下することがあり、『骨髄抑制』と呼ばれるこの副作用に関しても、医師は注意深く検査等でチェックします。
このように、医師は使用している抗がん剤の副作用による体への影響にも十分配慮し、抗がん剤開始後も注意深く観察と検査等によるチェックをしながら治療をすすめていきます。

近年、抗がん剤のお薬自体ずいぶん進歩してきていますが、進歩しているのはお薬だけではありません。抗がん剤の副作用対策も充実してきています。医師や看護師は、患者さんのつらさをできるだけやわらげるための対処を行ったり、やわらげる方法を患者さんにお伝えすると思います。副作用で心配なことがあれば、一度担当医や看護師に相談してみましょう。

抗がん剤治療の副作用は、副作用が出てくる時期が大体決まっています。ただ、副作用のなかには、回復するものと回復しにくいものがあります。また、抗がん剤治療は、何コースか繰り返し行うので、いったん回復した副作用が次のコースが始まるとまた出てくるので、治療を続けていく中で長く続くような感じがすることもあると思います。

副作用の多くは時期がくれば改善してきます。吐き気やおう吐、食欲不振、下痢や便秘などは回復してくる時期を患者さん自身が実感できると思います。一方、手足のしびれなどの神経障害は、抗がん剤治療が終了しても回復するまでに時間がかかります。脱毛も抗がん剤治療を行っている間は続くので、回復まで時間がかかると感じるかもしれません。だるさは、治療そのものによる影響以外に、吐き気や食欲不振などの消化器症状で栄養が十分とれなかったり、あるいは不眠がちになったりというさまざまな事柄が影響しますし、こころの状態によってもだるさの感じ方が異なってきます。
骨髄抑制の副作用も、時期がくれば回復してきます。骨髄抑制の期間は、感染や出血に注意する必要があります。

不安や気がかりを感じる要因はさまざまですが、自分の治療について理解することは、つらさをやわらげる助けになります。
◎ 自分が受けている治療はどういう薬をどのように組み合わせて行っていくのか
◎ 何コース、どういうスケジュールで治療を行うのか
◎ どういう副作用がいつ頃出てくる可能性があるのか
◎ それぞれの副作用はどのくらいの期間続くのか
◎ 副作用を予防するために、また副作用に対処するために自分自身でできることは何か
◎ 治療に伴う自分の体の変化を理解する(いつ頃どういう副作用が出て、日常生活にどういう影響が出ているのかなど)
たとえば、治療当日、1日め、2日めと日にち毎に症状や気づいたことことなどをメモしてみましょう。特に1回目の治療時は、説明を受けていても実感としてわかりにくいので、治療日記のようにメモをしていき、その結果を2回目以降の治療時にいかしていくとよいでしょう。

治療を受けるなかで副作用を予防したりやわらげるための自分でできる対処を実行していくことは大切です。そして、副作用などからだの変化を医療者に伝えることも大切です。その際、漠然と「副作用がつらい」と伝えるのではなく、いつ頃から、どういう症状があるのか、具体的に伝えましょう。


 
参考になるホームページ
(1) 国立がん研究センターがん対策情報センター『がん情報サービス』

http://ganjoho.jp/

【がんの薬物療法(化学療法)】
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/drug_therapy.html
トップページ『診断・治療』のボタンをクリックして移動します。診断・治療ページの『がんの治療方法』>『薬物療法(化学療法)』に薬物療法に関するさまざまな情報が掲載されています。
薬物療法とは、がんの化学療法とは、がん治療における薬物療法の目的、抗がん剤の種類、抗がん剤による薬物有害反応につい』、ホルモン療法とはなどです。
【化学療法を受ける方へ】
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/index.html
トップページ『診断・治療』のボタンをクリックして移動します。診断・治療ページの『治療を受けるとき注意したいこと』>『化学療法を受ける方へ』を選択すると、化学療法全般について、投与方法や各種副作用・合併症についてなど確認できます。

(2) がん情報サイト
http://cancerinfo.tri-kobe.org/

米国国立がん研究所(NCI)が配信するがん情報サービス(PDQ)を邦訳した情報などがあります。『PDQ(R)日本語版 がん情報要約』では、『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A