悩み

健康に敏感になり疲れないよう、ストレスをためないようにし、食事等にも気をつけている。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【自分にできることから1つずつ取り組んでみましょう】

健康に関して意識し、自己管理をしていくことは大切です。

健康管理の基本は
◎バランスの良い食生活
◎適度な運動
◎適度な休息と睡眠
です。

ただ、あまり神経質になりすぎたり、一度に極端に生活習慣を変えようとすると、そのこと自体がストレスになってしまうこともあります。自分にできそうなことから一つずつ取り組んでみましょう。

朝食を必ずとるようにすれば、栄養の偏りを防いだり、脳や腸の活動を活発化させたりすることができます。適度な運動として、有酸素運動の一つであるウォーキングを行ってもよいでしょう。ウォーキング前には、柔軟体操やストレッチ体操でからだを温め、筋肉をほぐします。歩き方としては、背筋を伸ばし肩の力を抜きます。腕は大きめに振ります。歩幅は大きめにして着地はかかとから行い、つま先で地面をけりだすようにします。ウォーキング後はストレッチで筋肉の張りをほぐしましょう。

がんばりすぎずに自分のペースを見つけるようにしましょう。
WHO(世界保健機関)の定義では、健康というのは、単に病気や虚弱ではないということではなく、からだも、こころも、社会的にも穏やかで良い状態であるとしています。
食事も、ただ栄養のバランスを考えるだけではなく、『楽しく食べる』、『おいしいと感じる』などもこころの健康にもつながります。リラックスする時間を持つことも大切です。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A