悩み

肺切除などの手術や病気の影響で、歩行時や身体を動かしたとき(労作時)に、息切れ、息苦しさ、めまいなどを感じる。坂道や階段、早足の歩行などは難しい。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【体にあった運動を】

体を動かしたとき、筋肉を使うためのエネルギーをつくりだすために、酸素の消費量が増えます。同時に、二酸化炭素を体から外に出すために、脳から命令が発せられて、呼吸が活発になります。息切れなどの症状は、“呼吸を活発に”という命令に答えたいけれど、うまく運ばないときにみられます。
息切れ、息苦しさ、めまいなどを感じたときは、酸素の取り込みよりも、運動量のほうが多くなっていると考えられます。そこで、体の状況にあった運動量になるよう、ゆっくり坂道や階段を上がったり、休憩をはさんだりしてください。
息切れなどの症状があるために、運動を制限してしまうと、筋力、体力が低下する悪循環になってしまうので、自分の体にあった運動を続けることは大切です。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A