悩み

医師や看護師が忙しすぎて向き合う時間がなくコミュニケーションがとれず、自分の病気の正確な情報と治療方法が分からず不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【病気の診断や治療方法は担当医に聞く】

病気の診断や治療方法に関する質問は、担当医にたずねるのが原則です。
診療の時間については、病気の状況や、かかっている医療機関の方針によっては、担当医に特別に時間を取ってもらったり、外来診療の順番を比較的落ちついて話しやすいその日の最後の枠にまわしてもらったりすることができることもあります。
しかし、ある患者さんの診察の時間を特別に長くすれば、その分だけ、別の患者さんの診察の時間が短くなってしまうことは避けられません。一般的には、すべての患者さんについて、診察の時間そのものを延ばすのはなかなか難しいというのが現実です。
そこで、あなたの方でも、限られた診療時間を上手に使うように、工夫をすることが大切になります。


 
【限られた診察時間を上手に使うための工夫】

○ 聞きたいこと、相談したいことはメモにまとめて持参しましょう
聞きたいこと、相談したいことはたくさんあっても、いざ担当医の前に座ると、うまく表現できなかったり、伝えるタイミングを逃したりすることがあります。
そんな時には、メモを作って持参するのがよいでしょう。自分の頭の中を整理するのにも役立ちます。
メモは、できるだけ簡潔に、箇条書きの形式でまとめるとよいでしょう。優先順位を決めて、“これだけは必ず今日の診察で聞いて帰ろう”という点を、診察前に自分で確認することも大切です。
当日、担当医の時間が特に限られているようであれば、作ったメモを担当医に渡して、後日話を聞く、ということもできます。

○ 話の内容をメモや録音機で記録する
診察を受けるときには、同じことを何度も聞きなおさなくてすむように、メモを取る準備もしておきましょう。
説明を聞きながらメモをとるのは自信がない、ということであれば、医師に申し出て、持参した録音機で説明を録音しても良いでしょう。
ただし、内緒で録音をするのは礼儀に反し、担当医との関係を損ねる原因にもなります。録音する場合は、必ず医師に許可を求めましょう。

○ できるだけ、誰かと一緒に話を聞きましょう
診察を受ける時には、できるだけご家族や親しい方に同席してもらって、一緒に話を聞いてもらいましょう。
一緒に話を聞いてくれる人がいるのは心強いですし、自分で気づかなかった点をその場で質問してもらったり、話の内容を後でお互いに確認しあったりすることができます。

○ 自分の方から積極的に質問していく
わからない点や、疑問に感じた点があれば、“いつか医師が説明してくれるだろう”とそのままにしておくのではなく、自分の方から積極的に聞いてみる気持ちを持ってください。


 
【誰に何を聞くべきか整理する】

何か知りたいことがあるときには、それは担当医に聞くべきことなのか、それとも病院のほかのスタッフに聞くのがふさわしいのか、ちょっと考えてみてください。
診断や治療に関することは、担当医に聞くのが原則です。
医師に直接たずねにくいことは、看護師に聞いてみてください。看護師がすぐに答えられることもありますし、必要に応じて担当医に看護師から確認を取ってくれることもあります。
また、疑問を誰に聞けばよいかわからなかったり、“担当医とうまくコミュニケーションが取れない”ということ自体が悩みになったりすることもあると思います。
そんな時には、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。あなたの状況に合わせて、適切なサポートをしてくれるはずです。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認できます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

注)[がん体験者の悩みQ&A]は、悩み調査結果に基づいて情報提供しており、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。
ご相談がある方は、
●静岡がんセンター「よろず相談
●お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A