悩み

病院や医者によって治療の内容等が違うため、どこの病院で手術や治療を受けようか選択に悩んだ。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【まず担当医とよく相談しましょう】

最近、医療の分野では、患者さんが自分の治療に参加する意識をもつことの大切さが言われるようになっています。病院や医師に関する情報を積極的に集めることも、医療への参加の一つの形であり、とてもよいことです。

ただ、もしあなたが自分の担当医とまだ十分に相談する時間をもてていないのであれば、まず、話し合いのための時間をきちんと作ってもらいましょう。
あなたの担当医は、あなたの体や病気の状態に関する情報を最も正確に、たくさんもっています。体や病気に関する十分な情報を担当医から得てからでないと、せっかくの積極的な情報収集も、誤解や不安を引き起こしてしまうことがあるのです。


 
【病院を探すときに】

どの病院のどの医師が自分の病気の治療に必要な知識・技術をもっているのか、一般の方(医療者以外の方)にはわかりにくいものです。立派な施設をもつ病院、人当たりのよい医師が、知識・技術も兼ね備えていればよいのですが、必ずしもそうとは限りません。また体や病気の状態は人によって違います。お知り合いからのクチコミで『あの病院はよかったよ』という噂を聞いたとしても、その病院があなた自身にとってもよい病院だという保証にはなりません。

このように考えていくと、やはり、一番頼りになるのは、おかかりの医師からの情報だと言えるでしょう。
あなたの担当医は、あなたの体や病気の状態を一番よく理解しています。また、地域の病院・医師の間で、治療内容に応じた役割分担が大まかにできていることもあるので、担当医に相談することは、貴重な時間の節約にもなります。
担当医は、あなたの体や病気の状態を慎重に判断し、現在かかっている病院でそのまま治療を受けることが適切である場合には、いくつかの治療方針を提案すると思います。また、もっと適切な治療を受けられる施設が地域にある場合には、そちらを紹介すると思います。
まず、あなたの担当医を信頼し、積極的に相談、質問してみてください。

また、現在、厚生労働省は、どこにいても、誰でも安心してがんの治療が受けられるように、『がん診療連携拠点病院』の指定を進めています。平成28年8月現在、全国427か所の病院が指定を受けています。
あなたの地域のがん診療連携拠点病院は、国立がん研究センターがん対策情報センターの『がん情報サービス』のホームページで調べることができます。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:病院を探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、がん診療の実績から探す、がんの種類から探す、専門医療職から探す、対応状況から探す、病院名から探す、地図から探すなどさまざまな検索方法で探すことができます。
また、医療機関名をクリックすると、その病院の住所や電話番号、ホームページなどの基本情報、交通案内、診療案内(がんの部位別に診療やセカンドオピニオン実施の有無、治療方法の対応状況、治療実績、臨床試験など)、がん相談支援センターの案内、、緩和ケアに関する情報(緩和ケア外来や緩和ケア病棟の設置の有無、緩和ケア相談窓口など)等の多くの情報が公開されています。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認できます。

 
【目安の一つは標準治療】

治療を受ける病院や医師を選ぶ際には、まず診断を受けたがんの標準治療はどういう治療なのかを知ることが大切です。『標準』という語感から、一部誤解もあるようですが、標準治療は、有効性と安全性が科学的に高いと証明された、現時点ではもっとも成績の良い治療といえます。あなたの場合に、具体的にどのような治療が標準治療にあたるのかは、がんの位置、大きさ、細胞の性質、広がり方などによって異なります。
病気や治療の情報を知るには、国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスのホームページにある『各種がんの解説』のページが参考になるでしょう。

治療を受ける病院や医師を選ぶための一つの目安は、標準治療を受けられるかどうか、ということです。ただ、場合によっては、標準治療を踏まえた上で、担当医がさらに適切だと考える治療を提案することもあります。
担当医から治療方針を提示されたときには、その治療が標準治療にあたるのかどうか、標準治療とは異なるのであればその治療が自分に合っている理由はなぜなのか、確認してみましょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:それぞれのがんの解説
http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
がんの部位別に、基礎知識、診療の流れ、検査・診断、治療、生活と療養、転移・再発などの情報があります。
(2)がん情報サイト :PDQ日本語版(米国国立がん研究所のがん情報サービス)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『PDQ日本語版 がん用語辞書』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要約』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

注)[がん体験者の悩みQ&A]は、悩み調査結果に基づいて情報提供しており、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。
ご相談がある方は、
●静岡がんセンター「よろず相談
●お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A