悩み

患者は何もわからないので、もっと納得のいくようなケアと説明がほしかった。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【受け身にならずに積極的に】

「担当医からの説明では、わからない部分が残る」、「難しすぎてわからない」、「知っておきたいことに関して説明がなかった」等、治療やケアに関する説明ですっきりしないようでしたら、ご自分から積極的に確認してみましょう。
実際に、治療やケアを受けるのはあなた自身です。わからないことをわからないままにしておくことは自分自身にとってマイナスになります。

ただ、なかなかタイミング良く質問できないこともあると思います。自分の知りたい情報を得るためには、要領よく具体的に質問できるように準備しておきましょう。
担当医と話す場合、まず前もって以下のことを行っておくとよいでしょう。

1. 担当医からの治療法の説明内容をもう一度振り返り、整理してみる。
2. 疑問点、不明な点などを整理し、箇条書きで書き出してみる。
3. 担当医、あるいは看護師を通して、治療法についての面談希望を申し出るとともに、できれば箇条書きにした点をあらかじめメモなどで渡しておく。
外来の場合は、診察時間が限られるため、患者さん側でも工夫をしてみましょう。

きちんと説明を受け理解することで、治療と自分の体に起こっていることの全体のイメージがつかめ、不安を軽くし、これから先について考えることができると思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A