悩み

腫瘍マーカーの検査値に一喜一憂することに少々疲れている。
6 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【一喜一憂しないようにしましょう】

腫瘍マーカーは、主にがん細胞でつくられて血液や体液のなかに流れ出る物質で、血液検査で分かり、がんがあるかどうかを確認することに役立つ検査の値です。
がんの種類によって腫瘍マーカーは異なり、それぞれ目安となる値が決められていますが、値が正常範囲だからがんはないとか、値が高くなったからがんが再発したと思うのは誤解です。腫瘍マーカーの値は、がんの存在を正確にあらわしているのではなく、あくまで補助的とされています。
医師は、値が高い、低いということよりも、値がどのように変動しているかを把握し、患者さんのからだの状態を考えながら、他の検査結果と総合して、治療後の経過を確認したり、治療の効果を判断したりします。
腫瘍マーカーの値に一喜一憂せず、検査結果や体の状態に関することは担当医に確認し、心配事を減らしましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A