悩み

肝機能の検査を受けているがその時のGOT、GPT等の数値の変化や体調の変化にあわせて気になることがある。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【検査結果を聞くまでは】

検査結果を聞くまでは、つい悪い方へと考えがちになり、不安や心配は大きいと思います。この不安や心配は、悩みで書かれているように、結果がでるまで完全にとれることはありません。
ただ、これは気持ちの切り替え方ですが、結果がでるまではできるだけ気分転換をしたり、何かに気持ちを集中させたりして、検査結果のことは考えないようにしましょう。
もし、悪い結果が出たとしても、その時は、担当医が一緒にどうしたらよいのか考えてくれます。


 
【定期検査は大切】

結果を待つ間の不安を考えると、検査を受けること自体怖くなってしまうこともあると思いますが、たとえ検査結果で再発や転移がわかったとしても、それは、定期的にきちんと検査を受け、フォローしていたからこそ早く見つかるということでもあります。
結果を聞くまでの不安は、自分なりの解消方法を見つけ、同時に定期検査はしっかりと受けましょう。


 
【主治医の心遣いは患者さんの力になる】

これは直接患者さんへの助言ではありませんが、患者さんにとって検査結果を待つ不安は更に強いと思います。
医師は、患者さんがこういう不安な気持ちを抱いて医師の前に座っているのだということを理解し、その不安な気持ちを配慮しながら、きちんと説明していく必要があります。
たとえば、結果が問題なかった時は、「よかったね」の一言があるのとないのとでは、患者さんの気持ちはずいぶんと異なると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A