悩み

胃カメラによる検査が苦痛だった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【胃の内視鏡検査】

少し前までは、『胃カメラ』といって、胃の中を写真に撮り、調べていました。今は『内視鏡』といって、胃の中を、テレビモニターに写しだします。医師が観察して、気になるところがあれば、病変をつまみとり、後で顕微鏡を使って調べることができます。
技術の進歩により、内視鏡の太さは、以前に比べると細くなってきています。
のどの麻酔も行われます。
緊張すると、のどの奥を内視鏡が通りにくくなるので、できるだけリラックスしましょう。
多くの施設では、静脈から鎮静剤を使って、できるだけ苦痛を最小限にして行ないます。
内視鏡検査がつらい場合、薬の種類を変えたり、より細い内視鏡を使ったりすることができますので、次回の検査の際には、担当医にご相談ください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A