悩み

胃カメラによる検査が苦痛だった。



助言


【胃の内視鏡検査】


少し前までは、『胃カメラ』といって、胃の中を写真に撮り、調べていました。今は『内視鏡』といって、胃の中を、テレビモニターに写しだします。医師が観察して、気になるところがあれば、病変をつまみとり、後で顕微鏡を使って調べることができます。
技術の進歩により、内視鏡の太さは、以前に比べると細くなってきています。
のどの麻酔も行われます。
緊張すると、のどの奥を内視鏡が通りにくくなるので、できるだけリラックスしましょう。
多くの施設では、静脈から鎮静剤を使って、できるだけ苦痛を最小限にして行ないます。
内視鏡検査がつらい場合、薬の種類を変えたり、より細い内視鏡を使ったりすることができますので、次回の検査の際には、担当医にご相談ください。


 
Copyright © 2007-2020 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.