悩み

抗がん剤を使用しており、毎日の注射で血管が出難いらしくなかなか入らない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【血管が出にくいことをあらかじめ伝える】

注射や点滴、採血を行うときに選ばれるのは、肘や、前腕の内側、手首、手の甲などの血管です。針を刺す血管を選ぶときには、見たり、触れたりしながら、血管の太さ、向き、硬さ、深さなどを考慮して決めます。点滴の場合は、点滴中に手を動かしたときに、針がずれないよう、固定しやすい部位に行います。
針を刺すときの痛みは、肘の部分が比較的感じにくく、手の甲にいくにしたがって強いようです。
血管がでにくいときは、温かいタオルで温めたりすると、分かりやすくなります。注射針を刺す前に、あらかじめ血管が出にくいことを看護師に伝えておくとよいでしょう。
針をさしたところの痛みが数日続く場合は、医師、看護師に確認してください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A