悩み

診断後、治療法について医療機関と検討したりしたが、病状の進行からできない治療もあり、放射線治療を始めるまで約2か月間かかったが、その間精神的に不安定だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【不安を一人で抱え込まないようにしましょう】

がんという診断がついた後、病気や体全体の状況を把握し適切な治療を決めていくために、検査をすすめている段階などは、さまざまな不安が起こります。がんと告げられたことで、どうしても悪い方へ悪い方へと考えてしまいがちです。検査には予約が必要な場合もあり、検査と検査の間があいたり、検査結果が出そろって担当医から説明があるまで、時間がかかることがあります。不安から、さまざまな情報を入手しようとされたりする方もいらっしゃいます。ただ、その方の病気の全体像がはっきりしないうちにそういった情報を読んでいると、悪い情報ばかり眼につきがちです。状況がわからないうちは、こうして入手した情報は一般的な情報にとどまったものといえます。
ですから、こういうときには、目の前の具体的な問題ややらなければいけないことに目を向け、一つひとつ片付けていくようにしましょう。具体的な目標を持つことは、不安なこころをやわらげることにつながります。そして、それは自分自身のために自分ができる大切な事柄だと思います。
それでも、不安が強く気持ちが落ち着かないときには、その不安な気持ちを誰かに打ち明けてみましょう。ご家族や親しいお友達でもいいですし、かかっている病院の相談室とか、がん診療連携拠点病院の相談支援センターでもかまいません。面と向かって話せないようでしたら、電話相談を利用してみてもよいでしょう。


 
参考になるホームページ
(1) 国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。相談支援センターの名前や問い合わせ先、対応時間などを確認でき、各施設の相談支援センター名を押すと、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。
(2) 国立がん研究センター がん情報サービス:がんの相談
http://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(3) 公益財団法人 日本対がん協会:がん相談
http://www.jcancer.jp/
日本対がん協会のホームページです。右側の『がん相談』で、がん相談ホットライン、医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による相談の4種類の相談の電話番号があり、ボタンを押すと詳しい説明のページをみることができます。『がん相談ホットライン』は、看護師やソーシャルワーカーが電話でお気持ちを聴いたり、困りごとの相談に対応しています。医師による相談は、電話相談、面接相談とも事前予約が必要になります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A