悩み

薬について期間や内容を詳しく説明されなかった。放射線や抗がん剤治療を全くしなかったので、大丈夫なのか不安がずっとあった。定期検診でも触診のみでエコーやマンモグラフィーをやらないことがほとんどだったのでこれでよいのかと悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【適応基準に基づいて行われている】

乳がんは、集学的治療といって、手術のほか、抗がん剤、ホルモン療法、放射線療法のいくつかの治療を組み合わせて治療を行います。
これらの治療の適用や選択については、世界中の多くの試験結果に基づいて定期的に議論され、基準が設けられています。治療の選択に影響するものとして、リンパ節の転移の有無、腫瘍の大きさ、ホルモンの受容体、がん細胞の特徴などが挙げられています。
治療の選択の際には、上記のほか患者さん個々の体力や合併症なども関係するので、担当医は1人ひとりの患者さんについて総合的に判断して、インフォームドコンセント(十分な説明と同意)後、治療が開始されます。
乳がん診療のガイドラインも発行されていますが、内容の解釈については難しい部分もあるので、あなたの体のことをもっともよく把握している担当医に、気になっていることを相談することが一番の解決法だと思います。


 
【定期的な経過観察】

治療が終わったら、外来で定期的な経過観察を行います。ガイドラインによると、定期検査に関しては、乳がん手術後の年1回のマンモグラフィは、対側乳がんの早期発見や局所再発の発見のために意義があるとされています。
一方、転移を早期に発見するためにCTなどの画像診断や腫瘍マーカーの検査を行うのは根拠が不十分とされています。


 
参考になるホームページ
(1) Minds(マインズ)ガイドラインセンター:診療ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/n/top.php
公益財団法人 日本医療機能評価機構が運営する医療情報サービスで、診療ガイドラインが掲載されています。
一般向け情報と医療提供者向け情報に分かれていて、一般向け情報のほうが絵など入っていてわかりやすい内容です。疾患グループや対象器官系などで検索できます。それぞれ<カテゴリー別>で、[がん全て]を選択すると、がん関連のガイドラインの解説、リーフレット、Q&Aなどをリストで確認できます。
(2) 国立がん研究センター がん情報サービス:それぞれのがんの解説
http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
国立がん研究センター『がん情報サービス』の『それぞれのがんの解説』で、がんの部位別に、基礎知識、診療の流れ、検査・診断、治療、生活と療養、転移・再発などの情報があります。
(3) 国立がん研究センター がん情報サービス:診断・治療
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/index.html
がん情報サービスの『診断・治療』には、がんの基礎知識、がんの診断や各種治療方法など総論の情報があります。放射線療法だけではなく、薬物療法、健康食品など代替療法等の情報もあります。また、『治療を受けるときに注意したいこと』、『くすりの使い方と注意点』、『リハビリテーション』、『臨床試験について』などの情報もあります。
(4) がん情報サイト
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『がん用語辞書(PDQ』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要約』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A