化学療法センターでの薬剤管理指導業務

①化学療法センターでの薬剤管理指導業務 (全診療科)

 薬剤部では、外来で抗がん剤治療を受けられている患者さんとご家族に対し、治療について理解し、安心して治療を続けていただくために、抗がん剤の効果や副作用について説明しています。
 さらに日常生活で副作用を予防して頂く方法や、副作用が出たときの具体的な対策について説明しています。

②化学療法センターでの服薬支援

 化学療法センターでの服薬支援は外来の抗がん剤治療において、大変重要な役割を担っています。
 一方で、抗がん剤には様々な副作用も知られており、時にはこの副作用が原因で治療の継続が困難となる場合もあります。
 治療を安全に続けていくためには、この副作用を上手くコントロールしていくことが大変重要となりますので、まず具体的に副作用の症状を把握し、より適切な予防または対処療法を行っていく必要があります。
 しかし、多くのがん治療は外来診療が一般的で、治療期間の殆どがご自宅での生活となります。そのため、副作用に対するお薬の使い方などは、患者さんご自身にも身に付けていただくことが重要となります。
 静岡がんセンターでは、化学療法センターにがん専門薬剤師・がん薬物療法認定薬剤師が常駐し、患者さんのベッドサイドにてお薬の説明などを行わせていただき、少しでもそのお役に立てるよう活動しています。また、必要があれば医師に支持療法薬の提案を積極的に行っています。全患者を継続的に支援し、年間2,000件以上の「がん患者管理指導料ハ」を算定しています。これは全国的にもトップクラスの算定件数です。
 また、静岡がんセンターではチーム医療の推進に非常に力を入れており、薬剤師と看護師が情報共有および毎日の多職種合同カンファレンスを行っています。常に互いの情報を共有し、各職種が職能を十分発揮できるような理想の環境を目指して、日々業務に邁進しています。

③化学療法センターでの臨床研究

 日々の臨床業務で未解決の問題は、臨床研究にも展開しています。例えば、分子標的薬の皮膚障害の軽減は、薬剤師にとって課題です。軟膏の塗り方を説明していますが、そのアドヒアランスは、あまり高くありませんでした。そこで、軟膏の塗り方動画を作成し、アドヒアランスへの影響を調査しています。

yakuzai_kagakuryouhou1

④化学療法センターにおける がん専門薬剤師の1日

yakuzai_kagakuryouhou2

8:30- 毎日100名以上の患者さんが来院します。業務開始前の患者情報の収集が重要です。

yakuzai_kagakuryouhou3

9:00- 朝の多職種カンファレンスでの情報共有が重要です。薬剤師からも積極的に発信しています。

yakuzai_kagakuryouhou4

10:00- 化学療法を初めて受ける患者さんの理解を深め、支持療法のご説明をしています。 また、化学療法を継続され、副作用に苦しむ患者さんにも面談し、ともに症状緩和を考えます。

yakuzai_kagakuryouhou5

14:00- 副作用の強い患者の状況は、化学療法センター看護師と患者の支持療法についてディスカッションします。

yakuzai_kagakuryouhou6

15:00- 医師に薬剤師からの支持療法について処方提案します。薬剤師ならではの処方提案は、患者さんの苦痛軽減に生かされています。

薬剤部

薬剤部