治験管理業務

治験(臨床試験)とは、患者さんに参加していただいて治療法や診断法の有効性や安全性を調べる研究のことをいいます。
 現在行われている多くの治療法や診断法も、国内および海外で行われた治験(臨床試験)によって確立されてきました。
この研究に使用されるくすりは、市販されている医薬品とは区別して「治験薬(試験薬)」と呼ばれ、より厳密な管理の下で取り扱われています。
 薬剤部では、院内の治験薬(試験薬)を一括して管理しており、安全かつ迅速に患者さんに投与するために、注射剤であれば無菌調製等も行っています。
 薬剤部は治験(臨床試験)に関わる医師、看護師、臨床試験コーディネーターらと連携して、円滑に試験が実施できるようサポートしています。

静岡がんセンターにおける臨床試験へのリンク

静岡がんセンターで実施されている治験等の情報へのリンク

薬剤部

薬剤部