薬剤管理指導業務

薬剤部では、入院・外来患者さんとご家族に対し、ベットサイドにお伺いし、抗がん剤や医療用麻薬について薬効や用法、注意していただくことなどの説明を行っています。
患者さんがお薬について理解を深め、安心して薬物治療を受けていただけるように、分かり易くお話することを心がけています。疑問や気がかりなことがあれば、ご遠慮なくお声かけ下さい。

血液内科病棟での服薬支援について

静岡がんセンターの血液幹細胞移植病棟では、主に造血器腫瘍患者に対する化学療法や造血幹細胞移植が行われています。
造血幹細胞移植に関わる薬剤師にとって、化学療法に対する薬剤情報提供、抗菌薬や免疫抑制剤などのTDM(薬物治療モニタリング)、高カロリー輸液による栄養管理、オピオイド製剤による疼痛コントロールは重要な業務です。
さらに治療の経過とともに、前処置に伴う有害事象やGVHD(移植片対宿主病)に対する対症療法として多くの薬剤が用いられます。
このため、日々患者の状態を確認しながら、最適な薬物療法ができるように支援しています。

チーム医療への参画

 医師や看護師、他職種のスタッフと協力・連携しながら、チームで患者さんの治療に当たっています。

 緩和ケアチームや栄養サポートチーム、ICT、ハイリスク薬チームなどがあり、薬剤師もチームのなかで活動しています。

薬剤部

薬剤部