若手職員の声

 平成26年4月、様々な不安を抱えて静岡がんセンターの薬剤部に入職した自分がいました。最初の頃は何もかもが初めてでしたが、日々の業務の中で知識や技術を一つ一つ身に付けていくうちに、それが自信へと繋がっていきました。気がつくと、入職した頃に感じていた不安は自分の中から無くなっていました。
 最初の一年間を振り返ってみると、気持ちが落ち込んだことも何度もありましたが、今まで続けてこられたのは、何でも相談できる同僚・上司の存在があったからだと思います。一人では解決できない壁にぶつかった時も、誰かに相談し力を合わせることで乗り越えていくことができるのだと学ぶことができました。今後も壁にぶつかることは何度も訪れると思いますが、この一年間で学んだことを活かし乗り越えていきたいと思います。

薬剤部  平尾 勇太(平成26年度採用)

薬剤部

薬剤部