医師の説明と理解

病気の程度、回復の見込み、後遺症などがよく理解できず不安だった。
4件の体験者の声があります。
手術についての説明はあったが、家族共に専門用語での説明は難しく質問もできなかった。
1件の体験者の声があります。
診断、検査結果、現状をもっとわかりやすく説明してほしい。
1件の体験者の声があります。
すべて表示する>>   

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


【説明を受けるとき】担当医の説明の中でわからない部分があった場合には、その都度きちんと確認するのが原則です。“担当医の話を途中でさえぎるのは失礼ではないか”とお思いになるかもしれません。ですが、わからない部分をそのままにして通り過ぎてしまうと、以後の話の内容を根本的に取り違えてしまう恐れも生じます。
また、担当医は、あなたの反応を見ながら、言葉の選択や説明の早さを調整しています。わからない部分については、「今の部分がよくわからなかったので、もう少し易しく説明してください。」と確認した方が、担当医としてもやりやすい場合が多いのです。
その一方で、説明を受けている間は自分でもきちんと理解しているつもりになっていたのに、後になってから次第に確信が持てなくなってくる、ということもあると思います。担当医に聞くのが確実ですが、内容によっては、看護師その他の医師以外の病院スタッフでもお答えすることができる場合もあるので、確認してみましょう。

【本や冊子、インターネットで調べる】
本や冊子、インターネットなどを使って自分で調べることも、がんに向きあう知識をつけるためには大切です。ただし、インターネットや本で調べる際には、その情報が信頼できる情報かどうか気をつける必要があります。また、あらかじめ、自分のがんがどういう性質なのか、病期(病気の段階、ステージ)はどうなのかをよく理解した上で調べる必要があります。がんの性質や病期によって、適切な治療が異なる場合があるので注意が必要です。

【後で担当医に確認するとき】
後で、担当医に確認する際には、外来などでは時間も短いため、効率的に確認できるように、わからない点、もう一度説明してほしい点などを整理してメモ書きにしておき、そのメモを見ながら、あるいは担当医に渡して、メモに沿って説明を聞くなどの工夫をしてみましょう。

【理解するということ】
病気のこと、治療のことなど理解できないことがあれば、必ず一つ一つ確認し、理解していくようにしましょう。これは、あなたが自分のからだの状況を把握し、自分が受ける治療を理解したうえで治療に主体的に関わっていくための行動でもあります。
また、きちんと理解することが不安を軽くし、気持ちを楽にするかもしれません。
理解できないままにしておくと、自分のからだに変化が起こったときにも、それが治療の副作用なのか、がんという病気からくるのか、全く異なる原因からくるのか自分でも判断しづらく、そういうときにどう対処したらよいのかもわからず、あわててしまったりすることもあります。
また、疑問やわからないことをそのままにしておくと、少しずつ医師とのコミュニケーションのずれが積み重なり、誤解や不信感につながってしまうことになりかねません。
医師は説明したつもり、患者さんはわかったつもりでは、お互い信頼関係を築くのは難しいでしょう。

わからないことは、後で何度でも聞くこともできます。確認する機会は、1回だけではありません。



関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A