今後のがん検診のための病院選択

今後がん検診をどこの病院でよいのか、集団検診、人間ドックで発見できるのか。
1件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


がんの治療後は、医師からよいと言われるまで、定期的に通院し診察や検査を受けます。これは、現在の体の状況や治療後の副作用や後遺症などをフォローしていく目的と、再発や転移がないかみていく目的があり、きちんと定期通院を続けていくことが大切です。ただし、この場合、行われる検査は、『以前かかったがん』をフォローしていくためのもので、全身の検査をするわけではありません。

がんは、もともとのがんの種類(胃がん、大腸がん、乳がんなど)によって、転移しやすい部位がわかっています。ですから、検査をするときには、元々がんがあった場所、そして転移しやすい場所を検査でチェックします。
検査には、レントゲン検査、CTやMRI検査、超音波検査などの画像検査、PET検査、がんの種類に特有の物質の数値をみる腫瘍マーカーなどがあります。腫瘍マーカーは血液検査で行いますが、腫瘍マーカーだけ行っていれば再発や転移がわかるわけではありません。再発や転移をしていても、数値があがらない場合、がん以外でも数値があがる場合もあります。腫瘍マーカーの検査は、他の検査と組み合わせながら行います。
再発や転移のチェックをする検査は、もとのがんの状態やがんの種類によっても検査の種類や検査の間隔が異なります。

一方、『(がん)検診』というのは、症状がない状態で、病気(がん)にかかっていないか、どこかに異常がないかを検査で調べ、病気を早期に発見し治療することが目的です。ただ、がん検診を受けたら、100%大丈夫というわけではありません。がんが見つけにくい場所にあったり、大きさによっても見つけにくかったりすることもあります。だからといって、検診を受ける意味がないわけではありません。がん検診の目的は、がんを早期に発見して適切な治療を行っていくことでがんによる死亡率を減らすことです。検診とはどういうものか、検診の利点と欠点をきちんと理解することが大切です。

検診は、保険診療ではないので、費用は自費負担になります。市区町村や職場などで実施している生活習慣病やがんの検診は、市区町村や職場が費用を一部補助し、安い費用で受けられるものもあります(ただし、年齢制限や費用などは自治体や職場などにより異なります)。
市区町村など自治体が実施している検診では、あらかじめ指定医療機関が決まっていたり、保健センターなどで行われていたりするので、広報などに気をつけておきましょう。
がん検診は、市区町村などで実施され比較的安価で体への負担も少なく受けられるので、きちんと受けていくことが大切です。

また、これとは別に自分の希望で受ける人間ドックやがんに特化したがんドックなどもありますが、これらは全額自己負担になります。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:予防・検診
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/index.html
『予防・検診』のカテゴリーでは、『がんの発生原因と予防』、『がん検診』の情報があります。『がん検診』には、がん検診の目的、がん検診のメリットやデメリット、がん検診の流れ、がん検診の効果とはなどの情報がある『がん検診について』の他、『がん検診Q&A』、『乳がん検診の勧め』、『乳がん検診Q&A』、『子宮がん検診の勧め』、『子宮がん検診Q&A』などの情報があります。
(2)公益財団法人 日本対がん協会:がん・検診について
http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup
検診に関する様々な情報があります。がん検診について、検診の種類、検診の目的と効果、検診のメリット・デメリットなどの情報があるほか、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなどの検診に関して、検診の意義や目的、検診の方法、検診の流れ、よくある質問などの情報が公開されています。


関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A