悩み

妻が子宮がん術後で抗がん剤治療をすすめられている。治療を受ける病院は今の病院でも近くの病院でも良いという説明があった。次回受診は1ヶ月先だが、抗がん剤治療がこんなに先でも大丈夫か。
妻が子宮がん術後で抗がん剤治療をすすめられている。治療を受ける病院は今の病院でも近くの病院でも良いという説明があった。次回受診は1ヶ月先だが、抗がん剤治療がこんなに先でも大丈夫か。(家族、子宮、2003年版)

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【心配な点は担当医に確認しましょう】

術後補助療法として、再発の危険性が高い場合などに再発を抑える目的で抗がん剤治療や放射線治療が行われることがあります。手術では目に見える範囲は摘出していますがそのときにとった組織の病理標本結果もふまえて、総合的に再発の危険性と補助療法を行った場合の効果を検討して行います。
補助療法の有用性に関しては、これまでの研究や臨床試験などで科学的な根拠が明確になっているものもあれば、まだその有用性に関しては不明なものもあります。補助療法の有用性など詳しいことは、治療ガイドラインなどを参考にしましょう。子宮がんでは、子宮頸がんと子宮体がんのガイドラインが出ています。
補助療法をいつ頃から開始するかは、からだの回復状況などによっても異なります。心配な点があれば、担当医にまず確認しましょう。次回外来が先の場合は、一度病院に電話をかけて心配な点などを伝え、相談しましょう。間に外来受診を入れてもらい、もう一度不安な点などの説明を受ける方法もあります。

治療を受ける病院について、今の病院でも近くの病院でもどちらでもよいということは、手術を受けた病院が自宅から離れている状況なのかもしれません。
抗がん剤治療のなかには、通院治療で行うものも増えてきています。その場合、あまり遠方の病院ですと通院の行き帰りも大変ですし、治療によっては時間がかかり帰りが遅くなることもあります。からだがつらいときには、通院自体が苦痛になってしまうこともあるかもしれません。
同じ治療を近くの病院でも受けられるようであれば、抗がん剤治療は近くの病院で受けて、術後の経過観察は手術を受けた病院でという選択肢もあります。この場合も、必要な場合は医師同士、病院同士で連携しながら行っていきます。
また、もし抗がん剤治療を近くの病院で受けることになれば、手術を行った病院で担当医に診療情報提供書(これまでの経過や手術の結果などが書かれた書類)や検査の資料などを準備してもらい、必ず持参しましょう。新しく抗がん剤治療を受けるために受診する病院で、あなたの今の状態を知ってもらうために大切な情報になります。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A