悩み

自分の死後のことを真剣に相談したくても周囲の人が嫌がり、まともに現実の話が進まない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ご家族など周囲の人が理解しなければいけないこと】

これは患者さんが、『病気と向き合い、前向きに生きている証』であって、生きることをあきらめたわけではないと思います。
患者さんというより、ご家族への助言ですが、患者さんが「もしものとき」、「引き継ぎ」等を口に出されると思わず否定し、「そんなことはない」、「そんなこと考えるな」と言ったりすることがあります。患者さんがこのようなことを口に出されたら、患者さんの思いを確かめ、否定せずに、一緒に考え、患者さんの意思や希望を尊重しながら、話しあうようにするとよいと思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A