悩み

病気のことを勉強したいと思ったが、手段がわからなくて不安になった。
3 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【がんの病気や治療について知りたいとき】

インターネットは、多くの情報を入手できる利点がありますが、同時にその情報が正しいか、判断が難しいという欠点もあります。特に、病気や治療については、できるだけ最新の情報、そして正確な情報を見極め、慎重な選択が必要です。
情報を探すときに、注意しなければいけないのは、
(1)情報発信者が明確になっているか
(2)一方的に偏った情報ではないか(良いことばかり書いてある)
の2つです。
特にインターネットから情報を得ることに慣れていない場合や、医療に関してほとんど知識がない場合は、まず公的機関が発信する情報を中心に探しましょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:予防・検診
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/index.html
『予防・検診』のカテゴリーでは、『がんの発生原因と予防』、『がん検診』の情報があります。『がん検診』には、がん検診の目的、がん検診のメリットやデメリット、がん検診の流れ、がん検診の効果とはなどの情報がある『がん検診について』の他、『がん検診Q&A』、『乳がん検診の勧め』、『乳がん検診Q&A』、『子宮がん検診の勧め』、『子宮がん検診Q&A』などの情報があります。
(2)公益財団法人 日本対がん協会:がん・検診について
http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup
検診に関する様々な情報があります。がん検診について、検診の種類、検診の目的と効果、検診のメリット・デメリットなどの情報があるほか、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなどの検診に関して、検診の意義や目的、検診の方法、検診の流れ、よくある質問などの情報が公開されています。

 
【本やインターネットの情報はあくまでも一般論】

公的機関が発信している情報であっても、あくまで一般論、平均的なことの記載になります。一方、患者さんの身体はそれぞれ違うので、治療法の選択、副作用の出方など異なる場合があります。
担当医からの病気や治療の説明を思いだし、本やインターネットで調べたことと照らし合わせ、“自分の場合はこの点はどうなのだろう”とか、疑問点などを整理し、わからないことは、担当医か看護師に聞いてみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A