悩み

適切でない民間療法等を勧める人が多い。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【あなた自身に合った治療を選ぶことが大切です】

民間療法は、民間に『伝承』されてきた方法であり、がんに効果があると科学的に証明されたものではありません。
あなたに民間療法を勧めてくれた方の多くは、本や雑誌で目にとまったり、日頃からその方が使っていて体にいいと感じていたりするものを、勧めてくれているかもしれません。
その気持ち自体は嬉しいものです。しかし、だからこそ無下に断るとかどが立ちそうで、悩みの種になることもあります。
大切なことは、あなたの体や病気は、世界に一つだけのものであって、ほかの人の体や病気とは異なっている、ということです。たとえ大きく宣伝されていたり、ある人には効果があるように感じられた民間療法であっても、あなた自身の体や病気の治療に向いているかどうかは分かりません。
また、治療法を勧めてくれた人は、その治療法があなたに効かなかったり、万一あなたの健康をかえって損なったりしても、責任を取ってくれるわけではないでしょう。
あなたの体が一番大事です。もし、周りから治療法を勧められて悩むようであれば、『自分の病気にぴったりかどうか分からないから、先生に聞いてみてからにするよ』とお話ししてみてはどうでしょうか。
それでももし勧めが続くようであれば、「気持ちは嬉しいけど、病気についてのことは自分で決めたいから、そっとしておいて」と、自分の気持ちをはっきりと伝えることも大事です。
また、厚生労働省の研究グループが作成した『がんの補完代替医療ガイドブック』という冊子がインターネットでダウンロードできます。この冊子は、民間療法について考えたり、勧めてくれた人に自分の考えを説明したりするときに役立ちます。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。
(2)「統合医療」情報発信サイト
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省の事業の一つで、民間療法などを含む補完代替療法とどのように向き合い利用したらよいかを考えるために、根拠に基づいた情報を紹介しているサイトです。『統合医療の定義』、インターネットやマスメディアの健康・医療情報の見極め方、関連する冊子や資料、海外の情報などがあります。
『関連する冊子や資料』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』などの冊子PDFがあり、閲覧・ダウンロードできます。
(3)独立行政法人 国立健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nih.go.jp/
健康食品の『基礎知識』、『被害関連情報』、『話題の食品・成分』の科学情報、健康食品の『素材情報データベース』などがあり、効果や副作用、科学的検証の状況などを確認することができます。
また、基礎知識にある『行政機関発行のパンフレット集』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』や『健康食品の正しい利用法』、『これから健康食品を利用しようと考えているあなたへ』、『健康食品ウソ?ホント?』などの冊子PDFを閲覧したりダウンロードしたりできます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A