悩み

がんと診断されてから周囲の人との関係が上手くいかなくなった。
3 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【あなたの方からも希望を伝えてみる】

男性の2人に1人、女性の3人に1人がかかると言われる状況がある一方、がんという病気に対する社会の理解はゆっくりとしか進んでいないのが現状です。友人や同僚に、あなたが病気のことを伝えると、相手はあなたのことを大切な人だと思っているからこそ、どんな風に話しかけたり、つきあったりしてよいのか分からず、とまどってしまうこともあるかもしれません。病気のこともあって、こころが敏感になっているあなたは、相手のそういった反応に傷ついてしまうかもしれません。
ですが、少し時間はかかるかもしれませんが、相手はいずれはがんという病気の有無にかかわらず、あなたがあなたであることには変わりはない、ということに気づくはずです。
あなたの方からも、『体調がよくない時には自分から言うから、それ以外の時は気を遣わないで、これまで通りに接してほしい』など、相手にどんな風に接してほしいか、自分の希望を伝えてみてはどうでしょうか。また、何か困っていることがあれば、『こういうことで困っているので、手をかしてもらえないだろうか』という形で具体的に相談してみることも、相手との関係をよい方向へ深めることにつながる場合があります。

もしかすると、『周囲の人との関係が上手くいかなくなった』と感じているあなたの気持ちの背景には、あなた自身が病気である自分をうまく受け入れられず、周りの人とのコミュニケーションに消極的になってしまっている、という部分があるのかもしれません。
病気を受け入れるために必要な時間は人それぞれですが、信頼できる相手と話をすることで、気持ちの整理が進んでいくこともあります。家族や友人、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に、思いを伝えてみてください。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A