悩み

独り身で、相談できる人、支えてくれる人がいないことがつらい。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【一人で抱え込まない】

不安にとらわれた時やつらい時に、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうというのは大切なことだと思います。気持ちを外にはき出すことで、少しこころが楽になります。
また、がんという病気はからだだけではなく、いろいろな不安や経済的な問題など、さまざまな側面からこれまで築いてきた生活を脅かす時もあると思います。そういう時は、1人より2人、2人より3人の方がよい知恵が浮かぶこともあり、支えにもなってくれます。
一人で抱え込まず、自分から自分にとって必要と思われるもの(人)に向かって、働きかけることも大切です。


 
【様々な情報を集めたり、相談する】

医療費については、保険診療の場合、高額療養費制度などにより、収入によって自己負担限度額が決まっています。また、介護が必要な場合は、介護保険を利用できる場合があります。申請と認定が必要で、年金収入等の所得金額により、1割から3割(年金収入等が、280万円未満の場合は1割。また、自己負担が2割や3割負担の場合も、月額44,400円の負担の上限があります)は自己負担になりますが、さまざまなサービスを得ることもできます。これとは別に、市区町村などの自治体で高齢者向けにいろいろなサービスを行っているところもあります。
今後の生活についても、今まで知らなかったいろいろな制度や支援が利用できる場合もありますから、今困っていることから整理し、その困ったことを解決していくための情報を集めたり、相談してみたりするのもよいと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A