悩み

近所の人に病気を隠しているので、イベント等協力を必要とする時に協力できないと、さぼっているように思われてしまい負担に感じた。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【地域との交流】

ご近所とよい関係を保ち、気持ちよく住むために、地区の活動に参加をすることが潤滑油となる場合があります。
これまできちんと役割を果たされてきた方という印象がありますが、できるときに、できる範囲で行えばよいと思います。
周囲には、さまざまな生活事情の人がおられます。これまでにも、不参加者や欠席者のぶんを参加者で補ってこられたと思います。現在参加されている方にも、これから先、必ず出席できると言い切れる人はいません。多くの方は、お互い様と思っているのではないでしょうか。
また、これからの回復次第では、話し合いの場には顔をだしたり、短時間だけ協力するというような参加の形があるかもしれません。


 
【理由をそえて不参加を伝える】

お住まいの地域の活動に参加できず、負担に感じたというお悩みのおおもとに、周りから参加できない理由を尋ねられたりしないか、取り繕った理由を話して後で困ることにならないかということが関係していたかもしれません。
「公私のけじめをつけたい」「噂が大きくなる」と、ご近所に病気のことを言わない方もおられます。
周囲としては、問題や理由の大きさが全く分からないので、つい尋ねてしまうのでしょう。例えば、たまたま都合が悪い、本人ではなく親戚の一時的な都合という理由も考えられます。
参加できないことを伝えるとき、その理由をそえるほうが、相手も納得しやすい場合があります。事実を話したくないと思われるなら、「体調がすぐれず、病院に通っている」というような説明をすると、周囲と適度な距離を保って、時期がくれば元の関係に戻りやすいと思います。
また、遠方の親戚より近くの他人というように、近隣の人はいざというときに力を貸してもらえる存在でもあります。信頼できる人に状況を話し、調整をお願いするのも一案です。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A