「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

病名を他人に言いたくないが聞きたがる人もいて困った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【病気はあなたのプライバシーです】

病気はプライバシーに関することです。話すかどうかは、もちろんあなたが決めてよいのです。
病気について伝えたくない人から尋ねられた時には、たとえば、『ちょっと胃の調子が悪かったんですが、もう大丈夫です』など、角が立たないように、少し話をぼかしておけばよいと思います。
男性の2人に1人、女性の3人に1人がかかると言われる状況にもかかわらず、がんという病気に対する社会の理解は、残念ながらなかなか進んでいません。
あなたががんにかかったということを知って、過敏に反応したり、一時的に、あなたとどう接していいのか分からなくなったりする人もいるかもしれません。
ただその一方で、誰に対してもかたくなになる必要はないでしょう。
病気について伝えることで、『あなたを支えてくれる人たちの輪』を作りやすくなるかもしれません。あなたがほかの誰かに対して思っているように、あなた自身に対して『いざということがあったら、力になってあげたい』と思っている方が、身の周りにきっといるのではないでしょうか。
病気について本音で相談できることは、あなたのこころの負担を軽くします。あなたが信頼する人に、あなたが話せるタイミングで打ち明けることも大切です。


 
【自分自身を受け入れられない時には】

また、もしかすると、病名を他人に言いたくない、という気持ちの裏側には、あなた自身の『病気である今の自分自身を受け入れられない』という気持ちがあるのかもしれません。
病気を受け入れることには時間がかかります。
もしも自信のなさや気持ちの落ち込みが長く続くようであれば、担当医や看護師、またはおかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみましょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。
(2)公益財団法人 日本対がん協会:がん患者・家族の支援
https://www.jcancer.jp/consultion_and_support
日本対がん協会のホームページです。『がん患者・家族の支援』のページには、看護師やソーシャルワーカーが対応している『がん相談ホットライン』、事前予約が必要な医師による相談、社労士による働き方や働くことについての電話相談があります。詳細は、それぞれのページをご覧ください。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A