悩み

周りに病気に対する理解がなく、心無い言葉に傷ついた。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【伝えることの大切さ】

患者さんの多くは、病気の進行度合いや再発・転移の有無にかかわらず、日常生活のなかで、「自分ががんである」ということをなかなか忘れることができないといわれます。また、このデータベースのもととなったがん体験者の悩みや負担等の実態調査からも、調査に参加された約8千名のがん体験者の方々の半数は、不安などの心の問題を抱え、再発や転移への不安を抱える方が多い実態がわかりました。

がん体験者の方々の悩みには、“特別な眼で見るのはやめてほしい”、“周囲に気遣われるのが負担”というのもあれば、“がんの治療後でからだも心もつらいのに誰もわかってくれない”、“がんでない人に私の気持ちはわからない”というのもあります。どれも、患者さんの率直な気持ちだと思います。けれども、同時に、人によって周囲の人の言葉や態度に対しての感じ方、受けとめ方が多様であるということも示しているのだと思います。

周りの人々にとっては、あなたが伝えなければわかってもらえないこともあります。同じ言葉であっても、病気になる前となった後では、違った意味で受けとってしまうこともあります。
もし、言葉で傷ついたと感じたら、率直に相手の方に伝えてみましょう。言葉で伝えなくてもわかる場合もありますが、言葉で伝えないとわからないことも多いと思います。
また、伝えることで、あなたのこころ、あるいはあなたの状況を理解してくれて、サポートしてくれる人も見つかるかもしれません。
サポーターを見つけることは、あなたにとっても心強いと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A