悩み

特別な目で見られるのが嫌だった。
5 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ものの見方や考え方】

患者さんにとっては、周囲の気遣いを負担に感じたり、自分を特別な目で見ているように感じたりすることがあります。
3人に1人ががんにかかる現在であっても、地域によっては、未だに「不治の病」などのマイナスイメージが社会的に根強く残っています。患者さんを取り巻くいろいろな人々の言葉やふるまいが、敏感になっている患者さんのこころを傷つけることがあります。言った人はそんなつもりはなくても、受け取る人にはつらい言葉として受け止められることもよくあります。
これまで、自然に会話しふるまっていたのに、それがうまくできない、ぎくしゃくすると一方が感じたら、おそらく相手もそのように感じているでしょう。
人の思いや考えは言葉だけでなく、態度からも表現され、受け取る側は、知覚を通して頭のなかで総合的に解釈します。その人のものの見方や考え方が影響することは避けられず、次は表現を発する側となって、コミュニケーションを通わせていきます。そして、相手の状況や考え、気持ちが分かってくると、対応も一層自然な形へと変わります。言い換えると、自分の姿勢が定まると、相手も受け入れやすくなるのだと思います。このようなやりとりの時間を経て、それぞれにあった関係が成立していくと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A