悩み

周囲の人達にどのように病気のことを話したらよいか分からなかった。
8 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【おつきあいや関係性への影響をまず伝える】

大前提として、病気はプライバシーに関することですから、話すかどうかはあなた次第です。
誰にでも話さなければならない、というものではありません。“この人には話しておいた方がいいな”とあなた自身が判断した相手に、あなたのタイミングで話していけばいいのです。
次にどのように話すか、ということですが、あなたがその相手に“話しておいた方がいい”と思った理由はなんでしょうか。
具体的な理由はそれぞれだと思いますが、 きっと、“病気が相手と自分のつきあいに影響するかもしれない”という可能性が生じたからではないかと思います。
病気について何から話したらよいのかわからない時には、まずはそういった、相手とのつきあいや関係性への具体的な影響から伝えてみてはどうでしょうか。
それはたとえば、『これからしばらく定期的に検査をするので、顔を出せないこともある』、『医者に言われて、食事にちょっと時間がかかるようになったんだ』といった話になるでしょう。
もし相手がもっとあなたのことについて知りたがったら、その時には改めて、その人にどこまで伝えるか考えましょう。
一度に何もかも伝える必要はありません。話せるスピードで、必要であれば何度かに分けて伝えてよいのです。


 
【がんという病名を最初に伝える必要はない】

話す順番として、必ずしも『がん』という病名をまず伝えなければならない、と考える必要はないでしょう。
その一方で、あなたが相手を心から信頼し、“病名を伝えたい、伝えた方がいい”と判断した時には、もちろん伝えてよいのです。
ただ、その時には、あなた自身が担当医から病名をはじめて聞いたときのことを少し考えてみてください。
『がん』という病名は、場合によっては、いま、あなたが予想する以上に、相手を戸惑わせてしまうかもしれません。
たとえ相手があなたのことを大切な人と考えて、支えたいと思っていても、その場では戸惑ったり、目をあわせられなかったり、言葉につまったり、安易な励ましをしてしまったりするかもしれません。
がんという病気のためにこころがとても敏感になっているあなたには、相手の反応の一つひとつに傷ついてしまうかもしれません。
しかし、時間はかかるかもしれませんが、相手はいずれ、がんという病気の有無に関わらず、あなたがあなたであることには変わりはないということに気づくはずです。
あなた自身が選んだ相手を信じて、時間をかけることが大切です。


 
【家族や相談員に力になってもらう】

病気のことをうまく伝えられるかどうか自信がないときには、家族に相手役になってもらって、伝える練習をしてみるのもよいと思います。
それが難しい時には、おかかりの病院の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。
看護師やソーシャルワーカーが務める相談員には、守秘義務があります。あなたが話した内容が外にもれてしまうようなことは決してありません。また、相談のプロですので、話している途中で、あなたがたとえ動揺したり、緊張したりしても、あなたの気持ちにきっとよりそい続けてくれるはずです。
もしかすると、病気についてどう話していいか分からない、という気持ちの裏側には、あなた自身の『病気である今の自分自身を受け入れられない』という気持ちがあるのかもしれません。
病気を受け入れることには時間がかかります。
もしも自信のなさや気持ちの落ち込みが長く続くようであれば、担当医や看護師、または『相談支援センター』や『医療相談室』の相談員に相談してみてください。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がん相談支援センターを探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認できます。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、地域がん診療病院にある、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(3)公益財団法人 日本対がん協会:がん患者・家族の支援
https://www.jcancer.jp/consultion_and_support
日本対がん協会のホームページです。『がん患者・家族の支援』のページには、看護師やソーシャルワーカーが対応している『がん相談ホットライン』、事前予約が必要な医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による働き方や働くことについての電話相談があります。詳細は、それぞれのページをご覧ください。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A