「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

私は主治医の先生を信頼してお任せしている。家内だけの不安が何日も先行して、口争いとなってしまう。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【患者さん、ご家族それぞれの思い】

家族の一人ががんにかかるということは、本人だけではなく、他のご家族にも同じようにつらさがあります。
奥様も一生懸命なのだと思いますが、一生懸命になりすぎて大切にしなければならない患者さんの意思や希望が見えにくくなっているのだと思います。患者さんは、奥様の不安が伝わり、気持ちが落ち着かなくなり、余計にいらいらしてしまいます。
例えば、患者さんは、“お前の心配も分かるが、先生を信頼して任せているから大丈夫だよ”と思っていても、口ではつい「私が決めることだから、お前は何も言うな」という言葉にかわっていたりします。また、奥様のほうは“あなたの体が心配だし、私も精一杯支えていきたいのよ”と思っていても、「あなたは私の言うことを全くきかないんだから。自分の体のことを考えずに無茶して」という言葉で応戦になったりするわけです。


 
【言葉の奥の気持ち】

言い争いを避ける良い方法のひとつとして、どちらかが一歩引くことです。そして言い返す前に、相手の言葉の奥にある気持ちを支持することが大事です。
患者さんから何か言うとすれば、まず「お前も一生懸命、私のことを考えてくれているんだね」というような言葉をかけます。
口論では「私が・・・私が…」となりがちですが、どちらかが相手の気持ちにいたわりを示すと、お互いに言葉も変わってきます。
そして、やりとりのなかで少しずつ、”自分はこう思っている、こうしたいんだ”ということを伝えあうことが大切だと思います。


 
【第3者の力を借りる】

患者さんとご家族が、素直に自分の気持ちを話したり、支え合ったりして、共通の目標に向かえるようになることが理想です。
もし、お二人で改善していくことが難しければ、おかかりの病院の相談室かがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。
また、病気に対する疑問をもっている当人に代わって別の人が質問したり、担当医から聞いたことをその場にいなかった人に説明したりするのは、なかなか難しいことです。患者さんとご家族が同席している場で、担当医に確認するとよいでしょう。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A