悩み

周りの人達の言動が気になることが多かった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【必要なときは率直に気持ちを伝えることも大切です】

患者さんの多くは、病気の進行度合いや再発・転移の有無にかかわらず、日常生活のなかで、『自分ががんである』ということをなかなか忘れることができないと言われます。また、このデータベースのもととなったがん体験者の悩みや負担等の実態調査からも、調査に参加された約8千名のがん体験者の方々の半数は、不安などの心の問題を抱え、再発や転移への不安を抱える方が多いことがわかりました。
がん体験者の方々の悩みには、“特別な眼で見るのはやめてほしい”、“周囲に気遣われるのが負担”というのもあれば、“がんの治療後でからだも心もつらいのに誰もわかってくれない”、“がんでない人に私の気持ちはわからない”というのもあります。どれも、患者さんの率直な気持ちだと思います。けれども、同時に、人によって周囲の人の言葉や態度に対しての感じ方、受けとめ方が多様であるということを示しているのだと思います。

このように考えると、あなたが周囲の人々の言葉が気になっても周囲の人々は、そのことに気づいていないことが多いと思います。『黙っていても通じる』というのはなかなか難しいことです。傷ついてしまうような言葉や混乱するような言葉、負担に思うことは、自分の口から、周囲の人に伝えて理解してもらうことが大切だと思います。

また、親戚・友人・知人、近隣者や職場の同僚などに、がんであることを伝えたり、知られたりすると、さまざまな民間療法や、新聞やテレビ等でちらっと見たという不明確な治療や病院の情報、生活や仕事に口をはさんだりということも多いと聞きます。
特に、がんが治ったという民間療法の話や、「○○さんは○○で末期といわれたがんが治ったらしい」という根拠のない噂などは、がんを治したい、良い治療を受けたい、副作用や苦痛のない治療はないかなど、揺れ動いている患者さんのこころを惑わします。
周りの人々は、自分が発した言葉があなたにとってどんな重みとなるか気づいているのでしょうか。
こういう場合は、理由を言ってきっぱり断ったり、そういう情報を伝えられること自体が負担になるのだということを相手に伝えましょう。あなたのことを真摯に考えている人でしたら、あなたのその気持ちをくみ取ってくれると思います。そうでない人であれば、なおのこと言葉ではっきり伝えないと同じようなことが続いてしまうでしょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A