悩み

周りのお節介な声に惑わされそうになり、とてもつらかった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【お節介な声ははっきり断りましょう】

親戚・友人・知人、近隣者や職場の同僚などに、がんであることを伝えたり、知られたりすると、多くの民間療法や、新聞やテレビ等でちらっと見たという不明確な治療や病院の情報、生活や仕事への口出しなどがでてくることも多いと聞きます。
特に、がんが治ったという民間療法の話や、「○○さんは○○で末期といわれたがんが治ったらしい」という根拠のない噂などは、がんを治したい、良い治療を受けたい、副作用や苦痛のない治療はないかなど、揺れ動いている患者さんのこころを惑わします。
周りのお節介な人々は、自分が発した言葉があなたにとってどんな重みとなるか気づいているのでしょうか。あなたが感じる重みとあなたがお節介と感じる人々の重みは全く異なると思います。
こういう場合は、理由を言ってきっぱり断ったり、そういう情報を伝えられること自体が負担になるのだということを相手に伝えましょう。あなたのことを真摯に考えている人でしたら、あなたのその気持ちをくみ取ってくれると思います。そうでない人であれば、なおのこと言葉ではっきり伝えないとお節介は続いてしまうでしょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A