悩み

術後どの程度の労働ができるのか心配だった。
5 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【手術によって体に起きる変化を担当医に確認する】

確かに、病状や受ける手術の内容によっては、体力が落ちたり、体の機能が低下したりすることがあります。ただ、手術を受ける前には、具体的なイメージがつかめないため、必要以上に悪い方へと考えてしまいがちです。
あなた自身の場合に、具体的にどういったことが予想されるか、ということについては、担当医によく話を聞いてみることが大切です。たとえば、

○ 具体的な問題として、どういったことが起こると予想されるのか。
○ 生活する上で、どのようなことを心掛ければよいのか。
○ 低下した体力や体の機能が回復するのに、目安として、どの程度の時間がかかるのか。

など、あなたの気になることがらについて、担当医によく確認しておきましょう。


 
【『できる自分』を見つけましょう】

一般に、手術によっていったん低下した体力や体の機能は、時間が経つにつれて徐々に回復していきます。
リハビリテーションは、病院のスタッフの指示を守り、無理せず、こつこつと続けるようにしましょう。
ただ、人の体には個性があり、必ずしも担当医の予想通りに体力が回復するとは限りません。また、場合によっては、術後の合併症が発生したりすることもあります。
そんなときには、焦りは禁物です。
仕事への復帰など、自分のしたいことをまず念頭に置いてから、現実の体調のことを振り返ると、『できない自分』に直面し、つらさがつのってしまうかもしれません。
大切なことは、『できる自分』に気づき、自信を取り戻すことです。
あなたは、手術を受けた直後に比べれば、ずっと回復し、いろいろなことができるようになってきたはずです。気持ちが沈んだときには、そのことをまず、思い出してみてください。


 
【自分の体は自分でいたわる、という気構えで】

退院に際しては、生活面で気をつけておくべきことや、体の動かし方に関する注意点を、担当医や看護師にもう一度よく聞いて、確認しておきましょう。
仕事に復帰する際には、大前提として、『自分の体のことは、自分で責任をもって守り、いたわる』という気構えを持っておくことが大切です。その上で、必要に応じて、周囲の理解や協力も求めて行きましょう。
また、退院直後から手術前と同じようなペースで仕事をしようとするのは考えものです。
できることなら、職場の仲間や上司と相談して、仕事の量を減らしたり、軽い仕事から始めさせてもらったりしましょう。
大切なことは、無理をしないでいい範囲で、少しずつ、体とこころの両方を慣らしていくことです。
時間が経つことで、あなたの体力は少しずつ回復します。それと同時に、あなたのこころもまた、新しい状況を受け止めるための力をつけていくはずです。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A