悩み

会社を退職しなければならないと思った。
7 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【仕事は『あなたらしさ』を支えてくれる】

仕事は、お金を得る手段であると同時に、あなたが自分らしく生きていくための、大切な支えにもなるものです。
もしあなたががんと診断されて間もない方で、病気の状態や、今後の治療方針について、まだ十分な情報を得ていないのでしたら、まずは担当医の話をよく聞いてみることが大切です。
がんという重い病気になることで、焦りや不安から、何もかも投げ出して治療に専念したい、という気持ちになるかもしれません。
しかし、がんを治して社会復帰される方も大勢いますし、その数は増えています。また、がんになったからと言って、ずっと病院で入院しているわけではありません。
職場の理解を得ることができれば、仕事を続けることは十分に可能です。まずは信頼のおける上司に相談してみてください。


 
【仕事と治療を両立させる方法を考えてみる】

あなたは、“まわりに迷惑をかけてしまう”ということを心配されているのかもしれません。しかし、あなたの心配はとりこし苦労かもしれません。
がんの患者さんが『家族に負担をかけている』と思っているとき、家族の方では実際にはそれほど負担には思っておらず、むしろもっと患者さんのために力を尽くしたいと感じている、ということは、よくあることです。同じような状況は、職場でも起きることがあります。
たとえば、あなたの職場で、あなた以外の誰かが病気になり、仕事の負担が多少増えたとして、あなたはそれを迷惑に思うかどうか、考えてみてください。もしもその方がそれで病気の治療に専念できるのであれば、あなたは喜んでそれを引き受けるのではないでしょうか。
仕事は、あなたの生活に張りや生きがいをもたらします。仕事に没頭している間は、病気のことを忘れる時間を持つことができますし、仕事を通じて社会に接点を持ち続けることは、生きる活力につながります。
仕事と病気の治療は、必ずしもどちらかがどちらかを犠牲にするような関係にあるのではなく、むしろ互いに支えあいながら、あなたの人生を進めていく両輪の役割を果たすことができるものです。
『どちらかを優先する』という発想を、『どちらもうまく両立させるための折り合いをみつける』、『互いに支えあいの関係にするにはどうすればいいか』という発想にうまく切り替えていくために何か方法がないものか、手立てを考えてみてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A