悩み

退院後3か月で仕事に復帰したが、体調がすぐれないときや、休んでいたあいだのブランクに焦りを感じたり、重いものがもてないことなどで、ずいぶん周囲に気を遣った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【協力を求めましょう】

周囲の人は、治療がどんな影響をもたらすのか、あなたがどういうことに不自由を感じているのか、“教えてもらわないと分からない”と思っているかもしれません。回復途中にあるときは、状況が変化するのでなおさらです。
協力してほしいことは、あなたから口にだすようにしてみましょう。周囲の人が負担に思うことは少なく、あなた自身の思いを聞くことで、あなたのことをより理解できるようになると思います。
治療後の体と社会生活の適応をはかっていくとき、予想しない問題にぶつかったような気持ちをもったり、気疲れしたりすることがあるかもしれませんが、少し前のことを振り返ってみると、回復を感じられると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A