悩み

会社を休職することで病名を知られることに悩む。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【仕事場の人たちにどこまで伝えるか】

がんに罹患した後、仕事をどうするかという問題とともに、仕事場の人達にどこまで伝えるかという問題もあります。雇用状況が厳しいこともあり、なかなか難しい状況も存在します(希望しないところへの配置換えやリストラなど)。
一方で、中には本人の状況に合わせて考えてくれる職場もあります。いずれにしても、手術や治療で入院している間だけではなく、また外来通院の日は休まなければいけないとか、あるいは退院後もしばらく療養が必要な場合もあり、その場合には職場への届け出も必要になります。例えば、病気休業中の健康保険加入者とその家族の生活を保障する制度である傷病手当金には、療養の事実についての医師の証明なども書類上必要になります。


 
【信頼できる上司に相談する】

職場の誰に話をするかですが、まずはプライバシーを含め信頼できる上司に打ち明け、相談してみてはどうでしょうか。傷病手当などの各種手続きの関係などで、事務関連部門にはある程度伝える必要がありますが、全員に話すかどうかはあなた次第だと思います。確かに、人によって反応も様々だと思いますし、人の理解の仕方も様々です。その一方、職場にもあなたをサポートしてくれる存在がいることは心強いといえるでしょう。
また、事務関連部門は、知り得た個人情報をもらすことはプライバシーの点からも問題となりますが、まずは担当者にその旨伝えておいた方がよいでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A