「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

健康食品を勧められ飲用しているが、胃が悪くなったり下痢をしたり続けられない。また、たくさんの種類があることや高額で効果がわからないことなどで迷っている。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【なぜ健康食品を利用するか考える】

あなたはなぜ、健康食品を利用されているのでしょうか。もしその理由が『がんを治したり、がんの進行を抑えたりすることを期待している』とういことであれば、考え直してみてください。
確かに、健康食品の中には、新聞や雑誌に大きな広告を出し、すばらしい効果を持っているかのように宣伝されているものもあります。
しかし、健康食品はあくまで『食品』です。健康食品が、がんを治したり、がんの進行を抑えたりする効果を持つということが、科学的に厳密な研究によって証明されたことは、これまでにありません。
また、『健康』という言葉がついていても、他の食品と同様に、過剰に摂取し続けると、あなたの健康を逆に損なう可能性もあります。
健康食品の利用については、担当医に相談することが大切です。


 
【高価な健康食品は避ける】

あまりにも高価な出費を強いるような健康食品を利用し続けることは考えものです。
健康食品への出費がかさむと、病院で通常の治療を受けることにも支障が出てしまう可能性があります。
また、健康食品があなたの『こころの支え』になればよいのですが、経済的な負担が増せば、むしろストレスの方が大きくなるかもしれません。
健康食品に対する出費が気になった時には、使用を見直す機会と考えてみてはどうでしょうか。


 
【担当医や相談員に相談してみましょう】

もしかするとあなたは、受けてきた治療法に対して説明不足や心細さを感じ、どこか納得しきれていないのかもしれません。あるいは、病気の進行に対する不安や、痛みなどの体のつらさといった悩みをお持ちなのかもしれません。
もしそうなのであれば、自分一人で健康食品を使って悩みを解決しようとするのではなく、担当医に正直に相談してみてください。相談することで、担当医の方からあなたの悩みを解決するための方法を示してくれるのであれば、それにまさることはありません。
もし、いきなり担当医に話をするのに気おくれを感じるのであれば、まずは、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。ソーシャルワーカーや看護師が務める相談員には秘密を守る義務がありますので、安心してご相談ください。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A