悩み

今後どう生きるかについて考え、仕事に対しても自分自身のステップアップを目指し、資格の取得と命とのどちらを優先にするかで悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【仕事は『あなたらしさ』を支えてくれる】

仕事は、お金を得る手段であると同時に、あなたが自分らしく生きていくための、大切な支えにもなるものです。
あなたが自分の仕事に対して誇りや思い入れをお感じになっていることは、本当にすばらしいことだと思います。
ただ、がんという病気は、場合によっては人生を左右するような病気であるということも事実です。
仕事と病気の治療のどちらを優先するか、ということについて、『どんな人でも絶対にこうするべきだ』という答はないと思います。
その選択をすることで、得ることができるもの、ゆずれないもの、代わりに手放さなければならないものを総合的に判断しながら、最終的にはあなた自身で決断していくしかありません。


 
【自分に正直になること、後悔しないこと】

がんという病気は、仕事も含め、あなたの人生にとって本当に大事なことは何か、見つめなおすためのきっかけにもなります。
大切なことは、二つあります。
まず、『自分自身の気持にできるだけ正直になること』です。
あなたが本心から望むのであれば、“職場の同僚に迷惑をかけられない”、“家族の生活を支えたい”といった思いは、選択の根拠になります。ただ、義務感だけに縛られる必要はないでしょう。
もう一つ、『後悔しないこと』も大切です。
その時々の決断は、体やこころの状態、時間、情報など、たくさんの制約がある中で、あなたができた『最善の選択』だったということを、忘れないでください。
もし、家庭や職場の状況によって、病気の治療を受けたいのに受けられないような場合には、何かほかに方法がないか、考えてみましょう。
必要に応じて、おかかりの医療機関の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるのもよいでしょう。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 
【仕事と病気の治療は人生の両輪と考えてみる】

ぜひ考えてみて頂きたいことは、仕事と病気の治療がぶつかるとは限らない、ということです。
もしあなたががんと診断されて間もない方で、病気の状態や今後の治療方針についてまだ十分な情報を得ていないのでしたら、まずはその点を担当医によく聞いてみることが大切です。
がんという重い病気になることで、焦りや不安から、何もかも投げ出して治療に専念したい、という気持ちになるかもしれません。
しかし、がんを治して社会復帰される方も大勢いますし、その数は増えています。また、がんになったからと言って、ずっと病院で入院しているわけではありません。職場の理解を得ることができれば、仕事を続けることは十分に可能です。まずは信頼のおける上司に相談してみてください。
仕事は、あなたの生活に張りや生きがいをもたらします。仕事に没頭している間は、病気のことを忘れる時間を持つことができますし、仕事を通じて社会に接点を持ち続けることは、生きる活力につながります。
仕事と病気の治療は、必ずしもどちらかがどちらかを犠牲にするような関係にあるのではなく、むしろ互いに支えあいながら、あなたの人生を進めていく両輪の役割を果たすことができるものです。
『どちらかを優先する』という発想を、『どちらもうまく両立させるための折り合いをみつける』、『互いに支えあいの関係にするにはどうすればいいか』という発想にうまく切り替えていくために何か方法がないものか、手立てを考えてみてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A