悩み

治療と共に自然体での受け入れ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【7885人のがん体験者の悩みの調査から】

このWeb版がんの悩みのデータベースは、2003年度に全国で7,885人のがん体験者の方が参加された「がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査」がもとになっています。
この調査では、自分なりに対処したことを書かれていた方がずいぶんいらっしゃいました。「一日一日を大切に生きる」、「くよくよしない」、「今生きていることを感謝している」など、患者さんが書かれていた内容を以下に挙げます。

〇好きなことを見つけて没頭してみる。
〇家に閉じこもらないで外に目を向け、人との出会いの中でよく喋り、よく笑うことが私にとっては不安解消になる。
〇家族の思いやり、愛、支え。
〇気の合う人と話をすること。
〇がんと診断されて落ち込むよりも、見つかって良かったと感謝して、その悪い部分をいち早く手術してもらうことが何より先決ということを身をもって感じた。
〇「体の中に悪い物があってもいいけど静かにしていてね」と自分自身に語っている。

これらから共通点を考えてみると、日常の暮らしや人との関わりのなかに、探しているものがあるのかもしれません。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A