悩み

これから姉妹や友人の介護や援助が必要となるが、性格上どこまで受け入れられるか、黙って自分の気持ちを出さずに世話をしてもらうのか、いつかは爆発するのではないかと、随分悩み考えた。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【困っていることを話してみる】

困っていることや、お願いしたいことを、ご家族や友人に話してみると、自分で考えていたより簡単に引き受けてもらえたり、別のよい方法が見つかるかもしれません。また、社会のいろいろな制度や支援が利用できる場合もあるので、病院の相談窓口などに相談して、解決していくための情報を集めてもよいと思います。1人で抱え込まず、自分から働きかけることも大切です。
そして、誰かに話すということは、困っていることを解決するだけでなく、気持ちを外にはき出すことで、少しこころが楽になる効果もあります。


 
【理解者は大きな支え】

自分のことを理解してくれる人がいるというのは、とても大きな支えになります。
これまで、自分のことは自分ですると決めて、周囲にできるだけ迷惑をかけないようにやってこられたかもしれません。
人にお願いすると、自分が思ったようにならない場合もあります。しかし、相手はあなたのことを思って、できるだけよい方法を考え、行おうとしてくれているはずです。ご自分でどこまでできるのか、どのように手助けしてほしいのかを伝えることで、相手も動きやすくなると思います。
また、黙っているとお互いの気持ちが通じ合いません。好みや思いを話し合うと、相手の気持ちを尊重したり、援助の方法を工夫したり、双方が受け入れられる決定をすることができます。ご家族や友人とよい時間を過ごすことができると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A